高反発マットレスの「モットン」で寝るだけ腰痛対策!

マットレスの選び方が間違っていて、自分に合わない寝具で寝ていると腰痛になったり、腰痛が悪化することもあります。

 

高反発マットレスの「モットン」は腰痛が治ったという口コミが多い人気のマットレスです。

 

 

▼ 最安値・返金保証ありでの購入はコチラ ▼

 

 

高反発マットレス「モットン」の口コミ・体験談

 

腰痛がひどくなってきたので思い切って、マットレスを交換しようと思い、こちらの商品を購入しましたが、残念ながら私の腰には合わなかったみたいで、腰痛が改善しませんでした。引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

使用していたマットレスがへたってきて腰痛になっていたところで、さらなる一撃が加わり急性腰痛症になったためこちらを購入しました。別のマットレスと迷いましたが、個人的に高反発タイプが好きでかなりの硬めのこちらを選択。2週間使用しましたが、起床後の腰痛がなくなりました。私はデブなためいつまでマットレスが使えるか心配ですが、次もこちらを購入したいと思います。引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

仕事柄椅子に座る時間が長く、腰痛に悩んできました。その改善のためこの商品を購入したわけですが、1回寝ただけで実感できました。腰への痛みや違和感を感じさせなく、眠ることができました。朝起きた感じもこれまで使っていたマットレスとは雲泥の差です。ネットのレビューでは高すぎるくらいの評判だったので若干不安ではありましたが、今は購入して満足です!引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

使用して一週間になります。

腰からお尻までの痛みが無くなりました。
寝やす過ぎて朝も起きられないくらい気持ちいい眠りにつけてます。引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

最初は少し硬いかなと感じましたが、4日で慣れました。腰の適度な沈み感が最高です。

5年前から肩と首が痛かったのですが、一週間でだいぶ楽になりました。引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

寝起きにあった腰痛緩和効果が、認められます。たまたまかもしれないので、引き続き様子を見ますが、横向き、うつ伏せで寝る際も、前に使っていたマットレス+布団より苦しくなく、寝返りも楽です。寝心地は固めでふかふかというわけではありません。これは好みの問題です。引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

数年使ってたマットレスがへたって来たので思い切って購入しましたが正解でした。雲のやすらぎと、こちらで迷いましたが防ダニや耐久性の評判の良さからこちらを選びました。枕も合わせて購入しましたが腰痛に効果ありそうで長く使っていけそうな気がします。引用:https://www.rakuten.co.jp/

 

 

 

注意!楽天、アマゾンだと返金保証なし!

 

モットンは楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでも購入することができます。2回目の注文で、モットンが自分の体に合っているのが分かっているなら、どこで購入しても大差はないかもしれません。

 

しかし、はじめてモットンを購入するのであれば、公式ショップから買うようにしましょう。なぜなら、公式ショップで買うと返金保証がないからです。

 

90日間の返金保証があるのは公式ショップのみですから注意しましょう。

 

 

 

モットンは辛い腰痛がある方におすすめのマットレス

 

長い時間のデスクワークや車の運転、家事や育児など、現代の日本人は腰に負担をかける生活を送っている場合が多くあります。日中負担をかけた腰は睡眠時に休ませてあげることが大切です。でもしっかり寝たのに腰は重いままという方も少なくないのではないでしょうか。

 

ただ横になるだけでは残念ながら十分に腰を休めることができないのです。負担が重なった腰には適切な反発力があり、体の一部に負担を集中させない布団やマットレスを使用することが大切です。

 

でもマットレスなんてどれも同じなのではないか、そうお考えの方もいるかもしれません。実は従来のマットレスとは違う、腰の負担軽減を徹底的に考えて開発されたマットレスが誕生したのです。

 

それがプロ野球界のレジェンドである山本昌さんをはじめ、腰痛に悩まれてきた使用者の多くが効果を実感したおすすめの腰痛対策マットレス、モットンです。

 

 

モットンの秘密は今までになかった高反発力

 

日本人は欧米人に比べ腰痛が多いことが知られています。それは筋力の違いに原因があると言われています。モットンは比較的筋力の弱い日本人に合わせて開発されました。

 

マットレスには低反発のものと高反発のものが存在します。低反発マットレスでは反発力が少ないため自然な寝返りを打つことが減ってしまいます。

 

そのため腰痛のある方には高反発マットレスの方がよいのですが、従来の高反発をうたった製品では反発力が足りず、有効な腰痛対策は出来ませんでした。モットンは従来のマットレスに比べ強力な反発力を持たせています。

 

このことにより筋力の比較的弱い日本人でも適度な回数の自然な寝返りが打てるようになり、体の一部分に過剰な負担がかかることなく日中の腰の負担を効率よく軽減することを可能にしました。腰痛に悩まされている方にモットンをおすすめするのはこんなところに理由があるのです。

 

 

耐久性もばっちり!毎日使用にこだわったモットン

 

モットンの魅力は高反発力だけではありません。毎日使うマットレスですので、使っていくうちに弾力を失ってしまっては意味がありません。モットンは耐久性にもこだわりました。

 

1日平均20回の寝返りで、約11年使っても3.9%しかへたりません。これは従来の布団に比べると約3倍の耐久性となります。また日本は季節の変化が激しい国ですので、モットンは365日快適に眠れることも考えました。

 

モットンの素材は高い通気性により快適な寝心地を提供するとともに、睡眠中にかく汗を下に流し、嫌なムレを軽減してくれるのです。衛生的なのもモットンの嬉しい特徴です。モットンで採用されているウレタンフォームはダニなどの害虫が発生しにくい素材です。

 

またホコリも出ないため、体の弱いお子様からお年寄りまで安心して使用することができるのです。付属のカバーをこまめに洗えば常に清潔に使用することができます。

 

病院に行かなければよくならないと思われていた腰痛が寝るだけで改善できる、モットンは多くの方におすすめできるマットレスです。

 

 

つらい腰痛、筋肉疲労、筋肉のこわばりは寝具が原因かも!?

 

一日の約3分の1を過ごす寝具選びはとても重要。一日の疲れを取ってくれるものになるか、筋肉疲労、筋肉のこわばりといった身体のトラブルを引き起こしてしまうものになるか、すべてはあなたの布団の選び方次第。

 

寝具はフワフワなのがいいからと、羽毛布団のように柔らかい敷布団を使っていませんか?あまりに柔らかい敷布団、マットレスは腰が不自然に沈み込んでしまい、負担がかかってしまいます。

 

結果、ヘルニアなどの深刻な症状を引き起こすことも。反対に、おせんべいのように固い敷布団も考えものです。体重を支える部分が偏ってしまい、体全体のバランスを崩してしまいますよ。

 

良い姿勢は背骨が綺麗なS字を描いていますが、それは寝ている間も同じこと。腰痛の原因である無理な姿勢を、極力減らしていきましょう。

 

 

腰痛に効く高反発マットレス

 

具体的に腰痛を引き起こさないようにするには、どのような寝具を選べば良いのでしょうか?ここでのキーワードはずばり「高反発」です。

 

一時期、低反発枕が流行りましたが、低反発は腰痛悪化になることも多いのです。逆に高反発は読んで字のごとく、強い反発力と伸縮性を持っているのが高反発の寝具でしっかり体、背骨を支えるので腰痛の改善が期待できます。

 

高反発マットレス モットンの特徴
体圧分散に優れ、腰への負担を大きく軽減します。腰痛対策マットレス「モットン」を使用して15日目〜30日で約94%以上の方が辛い腰痛が軽くなったと答えています。体重別で100N/140N/170Nを選ぶことができます。
価格
39,800
評価
評価4.5
備考
90日間返金保証

 

高反発マットレスは体が深く沈み込むこともなく、かといって床に寝ているかのような感覚もなく、絶妙なバランスで身体全体を支えてくれます。もちろん、背骨の曲がり方も綺麗なS字をキープ。筋肉疲労、筋肉のこわばりの原因もすっかり取り除くことができるでしょう。

 

本当に効果ある?高反発マットレスの理想と現実

 

高反発マットレスに興味が出てきたとはいえ、実際使うとなるとどうなのかと心配されている方も多いと思います。実は自分には合っていなくて、筋肉疲労、筋肉のこわばりが悪化したりするのではないかと。

 

すべての人と相性の良いものがないのと同じように、高反発マットレスも決して万人に合うものではありません。安くはない買い物ですし、そこはしっかりと自分の生活にプラスになるものを買いたいですよね。

 

そこで寝具業界では、店頭で実際に横になることができたり、数日間無料でお試しできるキャンペーンをしているところも多くなってきています。通販で購入できる商品は返金保証制度があるものも多、く「モットン」は90日間返金保証キャンペーンを実施中です。

 

お客様の不安を解消するべく、様々な取り組みを行っているのです。自分が納得した上で購入に踏み切ることができる機会も多く用意されています。腰痛の原因解消の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

柔らかすぎる寝具で寝る事の落とし穴

 

柔らかいマットレスに身を横たえて寝る時は至福の時です。一日の疲れをぐっすり眠って癒したい、明日の朝はすっきりとした体と心で目覚めたいと誰でも無意識に願いながら眠りにつきます。

 

しかし、翌朝になってみると、疲れが癒されるどころか、だるいし、腰痛もある。何で、こんなにたくさん寝たのにこんな症状が出てくるのでしょうか。それは、柔らか過ぎるマットレスが原因であるのです。どんなマットレスを選ぶか、その選び方が重要ですね。

 

寝ている体勢は腰に約80%の体重がかかっていると言われています。体重が60kgの人で、50kg近い体重が腰にかかっている事になります。ふわふわとして、体が沈み込むと一見体がリラックスした気分になりますが、実際には7時間近い時間腰に負担がかかってしまいます。

 

背骨が曲がったり異常をきたすと、内臓疾患の悪影響も出てきます。歪んだ背骨に圧迫されたり、血行が悪くなる事で内臓に負担がかかってしまうのです。

 

寝ている間に、体を壊す、悪い寝具の特徴とは

 

柔らか過ぎるマットレスは腰に負担がかかり、背骨の歪みや血行の悪さから、腰痛や内臓疾患の原因となります。また、硬すぎる寝具の場合も体に負担をかけてしまいます。

 

我々の背骨はS字状になっている為、寝具が硬いと肩やお尻に体重の負荷がか集中してかかります。そうすると翌朝、たくさん寝たはずなのに、腰痛や肩こりを感じる事があります。

 

どんなマットレスが良いか、その選び方ですが、真横から見て、背骨のS字カーブが自然と維持できている寝具が良い寝具と言えます。朝起きた時に背中や腰に痛みがある人の多くは寝具が自分に合っていないのではないかと予想できますが、実は見落としがちな疾患に内臓疾患があります。

 

姿勢が悪くなって腰骨や背骨に変形が起き、血行が悪くなったりして内臓疾患を引き起こす事もありますが、骨や血行が原因でなく、ただ、内臓に疾患があり朝になるとお腹の調子が悪かったりそれに伴い腰痛がある事も多々あります。まずは腰痛だと決めつけないで、検査してもらう事も大切です。

 

眠りに適しているマットレスを選ぶ重要性

 

私たちは一日の約1/3か1/4は寝具の上で体を休めています。その寝具が体に合っていなかったら、様々な体の不調の原因となります。人の体は、様々な環境に適応出来る様に出来ています。

 

たとえ柔らか過ぎるマットレスが体に悪影響を及ぼすとしても、また、硬すぎるマットレスが悪いとしても、それに慣れて、適応する能力があるのです。その結果、長い時間寝たとしても、深い眠りを得る事ができず、腰痛や肩こりを引き起こし、疲れが取れない朝を迎える事になるのです。

 

心地よい眠りを妨たげる柔らか過ぎる寝具や、硬すぎる寝具を排除しましょう。そして、重要なのは体重を分散してくれるマットの選び方です。背骨のS字カーブを保ち、熟睡できる、快適な硬さと性能を持ったマットレスを選びます。

 

人は寝ている間、ずっと同じ体勢をとっているより、適度に寝返りをうった方が、体に負担をかけないと言います。なかなか寝具を時間をかけて探す事はありませんが、今後の熟睡と健康の為に寝具について見直してみるのも大切です。

 

 

 

腰痛持ちにぴったりなマットレスの硬さは?柔らかいと悪化する?

 

痛みの原因が分からない慢性的な腰痛には、寝具の見直しが有効だというのはよく言われる事ですよね。でも、腰痛には高反発の硬めのマットレスが良いという説と、腰の負担を軽くする、耐圧分散型の低反発マットレスが良いという説があります。

 

どちらも言われるとそんな気がしてしまいますが、実際のところ、腰痛持ちのかたはどれくらいの硬さのマットレスはを選ぶべきなのでしょうか。

 

腰痛対策にマットレスの硬さ選びが重要とされるわけ

 

整形外科や整骨院に通ったことのあるかたなら、寝具についての指導を受けられた経験を持つかたも多いのではないでしょうか。睡眠時間は個人差があるものですが、ほとんどのかたは1日のうちの3分の1〜4分の1は寝て過ごすものですよね。

 

それだけ長い時間寝ているのですから、体に合わない寝具では腰痛が悪化してしまうのは当然です。床に薄い敷布団を敷いていたり、硬いマットレスを使用して寝ていると、背中やお尻ばかりで体重を支えることとなり、寝具から腰が浮いてしまいます。

 

逆にふかふかのマットレスを使って寝ていると、腰が沈んでしまい、常に前傾姿勢を取っている状態となってしまいます。常に腰を屈めているのと同じ状態ですので、腰に負担が掛かるのも当然ですよね。

 

腰痛には硬いのと柔らかいマットレスのどちらが良いの?

 

これは最も気になることですよね。実は、硬すぎても柔らかすぎても駄目なんです。よく高反発、低反発と呼ばれるマットレスですが、メーカーによりその反発力には違いがあります。

 

マットレスの反発力はニュートン(N)で現され、高反発は100ニュートン以上、低反発は100ニュートン以下のものを指します。腰痛対策用のマットレスは、硬すぎても柔らかすぎても駄目だということは、中間の100ニュートン前後のものを選べばよいのかと言うと、実はそう簡単なものではありません。

 

マットレスの持つ反発力は製品によって決まっていますが、マットレスを押す力というのは、上に寝る人物の体重ですよね。同じ100ニュートンのマットレスに横になっても、体重が軽いかたと重いかたでは、マットレスの沈み加減が変わります。

 

製品の反発力はあくまでも目安ですので、ご自身の体格や体重と相談して決める必要があるんです。

 

適した硬さのマットレスを選ぶには

 

腰に負担を掛けにくい反発力の目安は確かにあります。ですが、寝具の硬さには好みがありますよね。体重に合わせた反発力のマットレスを基準とし、実際に横になり、もう少し硬めが良い、柔らか目が良いと調整することがベストです。では、体重別の反発力の目安はどれくらいなのでしょうか。

 

  • 体重60kg以下:100〜140ニュートン
  • 体重80kg以下:120〜160ニュートン
  • 体重100kg以下:140〜180ニュートン
  • 体重100kg以上:150〜200ニュートン

 

これはあくまでも目安です。細身で筋肉質のかたは体表面積が狭いために体圧が集中しやすく、体格の良いかたは体表面積が広いため、体圧が分散されやすくなります。

 

マットレスの反発力を過信しないで

 

体重と反発力から最適な硬さのマットレスを手に入れたからと安心してしまうのは止めましょう。いくら体に合った硬さのマットレスを使っていても、仰向けからいきなり体を起こすようでは、腰にも負担を掛けてしまいます。

 

面倒でも体を横にし、ベッドから両足を降ろし、椅子に腰かけるような姿勢になってから起き上がるようにしましょう。保証年数は製品によってかわりますが、マットレスにも経年劣化が起こります。

 

長年使い続ければ、圧力の多くかかる中央付近は反発力も弱まり、腰が沈んで腰痛を悪化させる原因となります。マットレスを敷いたら敷っぱなしにはせず、劣化をしていないか手で軽く押し、反発力にムラが出来ていないか確認するようにしましょう。

 

腰痛対策のマットレス選びは、硬すぎても柔らかすぎても駄目なんです。体重と体格に合った反発力のマットレスを選び、起き上がり方にも注意し、劣化の気配が見えたら早めに交換することをおすすめします。

 

TOPへ